効果ある!東南アジアのサウナとエステ

東南アジアのサウナとエステ

私は現在、タイのバンコクで生活しています。
東南アジアの国々をまわったりしましたが、やはりリゾートのようなところは多く、スパやエステなどが充実しています。
そういったところには、やっぱり好きサウナもあって、いろいろな種類のものがありました。

一番印象にの追っているサウナは、ラオスのメコン川添いの道路に入った、教えてもらわなければ通り過ぎてしまうようなサウナのお店でした。
ここはエステ、というものはありませんでしたが、マッサージなどはやっているようでした。
ラオスではタイの通貨も使えるので、タイ在住の私にとっては、とても行きやすい海外です。
サウナ代が40バーツほどだったと思います。
サウナに入るときに身体に巻いて使う布も5バーツでレンタルでした。
脱衣所も男性と女性にしっかり分かれていて、まちがえたりする危険性はありませんでした。
常連さん的なおばちゃんがたくさんいました。
もちろん若い人たちもいて、カップルで来ている人たちもいました。
入り方は、サウナの中に入りしっかり汗をかいたら外に出て、置いてあるお茶を飲みながら一休みといった感じです。
そのお茶はポットで用意されていて、誰でも自由に飲めます。
味はうすいほうじ茶のようなかんじでした。
サウナの中はものすごく暑くて、息ができないほどですが、出たり入ったりを繰り返すうちに慣れてきます。
薬草サウナということで、生のハーブをサウナ室の隅に積んであるのですが、これがまたものすごい芳香を放っています。
一番はミントのスースーとした香なのですが、レモングラスなども混ざって、ほんとうにいい気持ちです。
現地の人は、タマリンドやもち米やターメリックなどをペーストにして体に塗っていました。
粉末になっているものをヨーグルトや牛乳で溶いて塗っていました。
ほかに天然石鹸などもうっていたし、牛乳で溶いて塗るように、生のタマリンドを丸くボール状にしたものも売っていました。

サウナでおすすめなのは、薬草サウナです。
汗がすごいし、ハーブのその香りに癒されます。

Copyright (C)2014効果ある!東南アジアのサウナとエステ.All rights reserved.